B食紀行

人生はワセダラグビーと阪神タイガースと居酒屋と旅と温泉とカメラとイタリア車。基本日々の食べ歩き飲み歩きを記録してます。

鉛温泉 藤三旅館

鉛温泉 藤三旅館


日本一深い内湯という白猿の湯であまりにも有名。古い木造の建物3階建ての建物からして風情ありまくり。


さっそく温泉巡り。内湯5、露天2箇所という贅沢なラインナップ。


f:id:kon-kon:20090706095008j:image

まずは湯治部の一番奥にある河鹿の湯へ。無色無臭なお湯がドボドボと浴槽に注がれてます。タイル作りで昔懐かしい銭湯のよう。しかし、外から丸見えですな(笑)。熱めのお湯でお湯がパワフル。ちょっと入っているだけで、ぐわっと体に温泉が効いてくる感じ。


f:id:kon-kon:20090705164715j:image
◇河鹿の湯


そして、看板の白猿の湯。扉を開くとすぐ階段で、はるか下にかの有名な浴槽が。深さ1.25mということで、立って入るという珍しい温泉。上を見上げると、高い吹き抜けになっていて、薄暗い空間が妙に寛げます。これは温泉文化の集大成ですね。結局チェックアウトまでこの湯に3回も入っちゃいました。夜中と朝イチは完全貸切状態。本当、名湯です!


f:id:kon-kon:20090711010755j:image

◇白猿の湯 (出典:藤三旅館HPより 撮影禁止に付き拝借しました)


次に桂の湯。内湯と露天のセット。川を眺めながらの露天は、眺めがよし。内湯はここの温泉の中で一番温め。長風呂するならココですね。ここも、ずっと貸切状態。


f:id:kon-kon:20090705173105j:image
◇桂の湯 露天風呂


f:id:kon-kon:20090705173122j:image
◇桂の湯 内湯


本館の方にある銀(しろがね)の湯。こちらは、新しいお風呂のようで、夕方の時間帯は貸切になるようです。隣にある白糸の湯は時間切れでさすがに入れませんでした・・・


f:id:kon-kon:20090706004229j:image
◇銀(しろがね)の湯


f:id:kon-kon:20090706092419j:image
◇泊まった部屋は29号室! 29(ニク)!


夕食は、出ました!前沢牛のしゃぶしゃぶ!!!柔らかくて美味杉!!!風呂上りの前沢牛、たまりませんなあ。


f:id:kon-kon:20090705190214j:image
前沢牛


料理もかなりのボリュームで満足度高いです。一品一品が凝った作り。宿泊した部屋の対面にある部屋を個室使用で。娘っこがいるので、気を遣わず楽チン。


f:id:kon-kon:20090705190144j:image


f:id:kon-kon:20090705190556j:image


f:id:kon-kon:20090705191048j:image


f:id:kon-kon:20090705190241j:image


f:id:kon-kon:20090705190235j:image


老舗の温泉宿ですが、ちゃんとマーケティングしてますねえ。良質な温泉という最大のコンテンツだけでなく、古いけどキレイに清掃された館内といい、料理といい、ネットで簡単にできる予約システムといい、従業員の対応といい、非常にイイ仕事してます。「温泉文化体験装置」として実に秀逸。コストパーも良いので、リピーターが多いのも納得かな。


湯治部の方も覗いてみましたが、これまた合宿を思い出す懐かしい作りの部屋でした。今度行くときは、湯治部に宿泊しようかな。


f:id:kon-kon:20090706100209j:image


鉛温泉 藤三旅館
花巻市鉛字中平75-1
TEL:0198-25-2311(代表)
   0198-25-2901(湯治部 直通)


→→→クリックお願いしま〜す


鉛温泉 藤三旅館 (郷土料理(その他) / )