B食紀行

人生はワセダラグビーと阪神タイガースと居酒屋と旅と温泉とカメラとイタリア車。基本日々の食べ歩き飲み歩きを記録してます。

往年の早明戦復活!タレント軍団覚醒!


強いメイジが帰ってきた。メイジ有利の下馬評。学生時代を思い出します。


久しぶりにお客さんの入った国立。4万人強動員だとか。久しぶりにメイジファンに活気あり。


f:id:kon-kon:20101205135841j:image

開始早々からメイジのフォワードが全開。自陣に釘付け。ペナルティでスクラム選択するメイジに、ゴールを背に守るワセダ。往年の早明戦が帰ってきた感じですねえ。


しかし、スクラムで押し負けない。フォワードにこだわる明治に対して固いディフェンスでゴールを割らせない。フォワードでトライを取られる感じがありませんでした。


f:id:kon-kon:20101205150320j:image


f:id:kon-kon:20101205151907j:image


明治の猛攻を凌ぎきると、ようやく「タレント軍団」が本領発揮。中濱のボディバランスとキレキレのステップは凄かった。1本目、2本目と、個の強さがつながって一気にトライ。


早慶戦では全然目立たなかった主将有田が暴れまくれば流れはワセダですな。有田、山下、山中、そしてTB5人衆が前へ、前へ、とゲインすればワセダは強い。今シーズンはこういう戦い方で行くのが有田組らしいのかもね。


若い第一列がきっちりスクラムを組む、ロックがラインアウトで明治を攪乱、第三列は早い出足できっちり止める。早慶戦からよく立て直した。


f:id:kon-kon:20101205150414j:image


f:id:kon-kon:20101205150208j:image


怪我の榎本に代わってスタメン出場のSH西橋。すばやい球捌きで良いリズムを生み出していたような気がします。ワセダのハーフはこうでなくっちゃね。


レフリーの解釈の問題か、ペナルティが多かったことと、トライ後のキックオフのプレーに課題ありだとは思いますが、危なげなくダブルスコアで完勝。早慶戦敗戦のもやもや〜っとした気分を一掃してくれました。いや、ナイス勝利です。合わせて対抗戦の逆転優勝おめでとう。


この勢いに乗って選手権でもさらなる進化を続けてほしいですな。正月の早明戦アゲイン(おそらく)が楽しみ。別の山の慶応にも健闘してもらって正月の国立を盛り上げてほしいです。


早稲田31-15明治